広島・愛知でPG/SE/機械設計正社員募集!セグウェイレンタルで集客イベント提案!

あなたの知らない「WCCF」の世界 2

あなたの知らない「WCCF」の世界 2

お待たせしましたm(_ _)m 

 

 

エッ!? 

待ってない!?

 

まーまーそー言わずに、もう少しだけWCCFの魅力にお付き合い下さい。

 

 

では気を取り直してWCCF講座の第二弾!!

 

 

 

今回は少しだけディープにチョッとだけレア情報を交えてお届けしてみましょう。

 

 

 

WCCFでのカードには、大きく3種類あります。

 

 

白カード:レギュラーカード

 

黒カード:スペシャルカード

 

光沢カード:レアカード

 

 

 

ゲームにもレギュレーションがあり、当時は以下でした。

 

レギュラー:16枚すべて白カード

 

U-5:レア/スペシャルカードが5枚以下

 

フリー:レア/スペシャルカードが6枚以上

 

 

 

ほとんどの人が、U-5のレギュレーションで構成していました。

 

 

理由は公式大会が、このレギュレーションだったからです。

 

 

当時の自分の構成も、下の画像のようにU-5でレア/スペシャルカード5枚以下でした。

 

 

※画像は黒のスペシャルカードが含まれています。

    レアカードが見つからなかったため代用です(^^;

 

 

画像1

 

 

セリエAの2002-2003シーズンに所属している18チーム

 

各チーム16枚の選手カード(2001-2002のカードも使用可能)から構成しました。

 

 

 

なぜ、この構成か?

 

 

 

実は、あるルールに乗っ取って構成しています。

 

 

今現在はこのルールはなくなりましたが、当時を知っている人なら、有名な法則です。

 

 

 

 

このゲームには連携と相性という概念が存在しており、メーカとしてはもちろん非公開でした。

 

 

 

そこを見つけ出すのが楽しみの一つではあったのですが、相性の法則を見つけた方がいました。

 

 

 

当時の相性の度合いを決めていたのは、なんと「動物占い」でした。

 

 

 

上記画像は、動物占いでは、で縛られた構成になります。

 

 

 

もちろん、動物占い以上に、実際に仲のいい選手は占い以上に連携が良かったり、喧嘩した人は連携が悪かったりとあります。

 

 

※画像には動物占い上では相性が良くても、連携の悪い2選手がいます。

 

 

この情報が出回る前は、連携の育成が難しく、ネット上ではユーザからの連携情報を集めて共有するようになっていましたが、この情報が出回ってからは、かなり連携を育てるのが楽にはなりました。

 

 

しかし、逆にチーム構成が動物占いによって縛られるという弊害も生まれ、ほとんどのユーザが何かしらの動物占いによって縛られたチーム構成になっていました。

 

 

 

2002-2003シーズン以降で出てくる新しい選手がいると・・・

 

 

「~~の動物だ!」なんて情報が真っ先に出てきた懐かしい時代でしたね。

 

 

どーでしたか?

 

 

 

WCCFに興味出てきましたか?

 

 

一緒にネクスディWCCF同好会を作ってアフターファイブを楽しみましょう

 

 

株式会社ネクスディではプログラマー、SE、機械設計技術者を大募集中です。

 

プログラマー見習い希望者も同時募集しています。

 

 

 

おわり

 

 

カテゴリー: 広島&名古屋正社員募集ブログ, 新着情報, 未分類, 求人情報 パーマリンク