広島・愛知でPG/SE/機械設計正社員募集!セグウェイレンタルで集客イベント提案!

初心者でも楽しめるエギング

初心者でも楽しめるエギング

エギングについてよくわからない方のために、簡単にまとめてみました。

 

 

エギングって何?

 

 

餌木というものを使ってイカを釣る方法を称してエギングと言います。

 

エギングを始めるにはどんな道具が必要?

 

 

エギングを始めるためには、まず道具が必要になります。

 

 

ロッド(竿)、リール、ライン、リーダー、餌木をそろえましょう。

 

 

まずは「竿」です。

 

エギング専用のエギングロッド、長さは8ft~9ftくらいが竿を振りやすいです。

 

1フィートは約30.48cmですから2.4m~2.8mですね。 

 

ロッド表記には「802」「862」とあります。

 

80は8.0ft、86は8.6tを表します。 

 

 

ロッドには硬さがあります。

 

振った感じのしなりが柔らかいもの、硬いもの、いろいろあります。

 

 

ロッド表記には、柔らかい順に

 

L(ライト)」「ML」「M(ミディアム)」「MH」「H(ヘビー)」となります。 

 

初めての方には「ML」をおすすめします。

 

 

各メーカーからいろんなロッドが出ています。

 

値段も数千円~数万円のものまで、予算に応じて買ってください。 

 

 

 

ちなみに私は「シマノSephiaCI4+SSRS803M」を使っています。

 

 

 

ちょっと大物が狙いたくて(笑)

 

 

m画像1

 

 

リール」は、PEラインをスプールに巻きますから浅いもの、下糸をまけば、深めのスプールでも問題ありません。

 

 

ひたすらロッド操作を行うエギングにとって重いリールは致命傷となります

 

 

できるだけ軽いリールを選ぶのが良いでしょう。

 

 

 

腕力に自身のある方は関係ありませんね(笑)

 

 

 

釣っていて感じたことは、やっぱり軽い方が良いです。

 

 

 

それとドラグ調整が細かくできることが結構重要になったりします。

 

 

m画像2

 

 

ライン」についてです。

 

 

エギングの道具選びの中でも重要なもののうちの一つであるライン。

 

 

様々なメーカーから販売されています。

 

エギングは強度と飛距離がとても重要な要素です。

 

ラインはそのともいえます。

 

ラインだけにね。

 

 

イカを釣るにはエギをできるだけ飛ばした方が釣れることが多く、その飛距離に関わっているのがラインになります。

 

 

ラインは、PEラインは細く飛距離が伸びることやエギの操作が容易に行えます。

 

また強度もあるので初心者にもおすすめといえます。

 

 

太さは0.6~1.2号のものが扱いやすくおすすめです。

 

私は一般的な0.8号を使っています。

 

 

リーダー」PEラインと餌木の間のクッションみたいなラインになります。

 

1.5号~2号くらいが良いでしょう。

 

 

イカの警戒心を和らげる役目になり、また根ずれ対策になります。

 

 

 

餌木そうです。

 

 

このルアーを使うからエギングなんですよ。

 

種類がいっぱいあって、何を選んで良いのかさっぱりわりませんよね?

 

 

 

そこで、餌木をチョイスするポイントをちょっとまとめてみました。

 

 

エギングにはいろんなカラーがあり、大きく分けて明るいもの暗いものがあります。

 

 

餌木選びで一番重要なのがこのカラーといわれています。

 

基本的にはイカが餌を求める夕方明るい餌木を、その逆は暗い餌木をおすすめします。

 

またが透き通っているときや快晴のときは明るい色を、が濁っているときや天気が悪いときは暗い色餌木がおすすめです。

 

 

エギングで一番重要なことは、如何にイカに餌木に対して興味を抱かせるかです。

 

同じ餌木を投げ続けても、イカがスレてしまい、まったく興味を示さなくなりますので、が必須になります。

 

私は、五投して反応がなければすぐにチェンジしています。

 

餌木のローテーションは釣果に影響します。

 

 

m画像3

 

 

カラーはボディカラー(背中側の色)と下地カラーがあります。

 

 

下地カラーには・・・

 

 

テープ/テープ/マーブルテープ(虹テープ)/ホロテープ/テープ/

ピンクテープ/テープ/オレンジテープ/ケイムラボディ/夜光ボディ/クリアボディ

などの種類があります。

 

 

ボディカラーには、オレンジピンク/ナチュラルなどがあります。

 

 

餌木のカラーだけじゃなく、重さ(沈下速度が違う)、大きさにも種類があります。

 

 

いろんな種類の餌木を釣り場に持って行くことをおすすめします。

 

 

根掛かりしてロストするってことも考慮しておきましょう。

 

 

どの色が釣れるのって質問には、天候や場所にもよりますので、今お答えはできませんのであしからず(> <;)

 

 

その日の当たりカラーを見つけ出すのもエギングの楽しみでもあります。

 

「道具はそろえたよ~どうやって釣るの?」は次回のお楽しみにね。

 

 

ネクスディでは、釣り好きPGはもちろん、そうでもないPGの方大募集しています。

カテゴリー: 広島&名古屋正社員募集ブログ, 新着情報, 未分類, 求人情報 パーマリンク